HSP3講座〜0から他の講座までのつなぎ〜 
ステップ3:文字を表示してみよう。

満月芸夢topへ
HSP3講座topへ

<<前へ 次へ>>

【目次】
ステップ0:HSP3をダウンロードしてゲームを作る準備をしよう。
ステップ1:エディタを立ち上げて画面を表示してみよう。
ステップ2:画像を表示してみよう。
ステップ3:文字を表示してみよう。
ステップ4:実行ファイルを作ってみよう。
ステップ5:変数を使ってみよう。
ステップ6:ループ文やif文、乱数を使ってみよう。
ステップ7:goto文、gosub文を使ってみよう。
ステップ8:これまでの内容でゲームを作ってみよう。
ステップ9:配列変数を使い、スクリプトの分割をしてみよう。
ステップ10:音を追加し、透明色を使ったアニメを作ってみよう。


さて、次は文字の表示だここでは文字を画面に表示する方法を教えていく。
うむ、よろしく頼む。
文字表示の為に使う命令は「mes」だ、message(メッセージ)の最初の三文字だから割と覚えやすいはずだ。
mes"表示したい文章" のようにダブルクオーテーションで挟んだ箇所が表示されるぞ。 また、pos命令で画像の場合と同じように書き始めの位置も指定できる。
画像を表示する場合とほとんど同じみたいだな。
ではとりあえずmes命令を試してみるとしよう。
ポチポチっとな。で、コンパイル+実行っと。

ん?なんだか文字が全部表示されてないような……

ああ、言い忘れていたよ。

“画像や文字はどんどん画面に上書きされていく”
だから、後に表示された物の方が手前に表示されていくんだ。

……今回の場合は文字の上に画像が上書きされてしまっているね。 試しに画像を表示している行と文字を表示している行を入れ替えてごらん。

お、今度はちゃんと表示されたぞ!
しかし画像の色とかぶって見づらいな……。

こういう場合はcolor命令を使うと文字の色を変える事ができるよ。
color p1,p2,p3 で表されp1,p2,p3に数値を入れることでRGBで色を指定するように色を決められる。

あ、あーるじーびー……?
初めて聞く言葉だ。
RGBについては検索エンジンで調べてみるといいよ。

簡単に言えば
Red(赤)Green(緑)Blue(青)の三つの色の混ぜ合わせで色を決める方法だね。

今のところは
color 255,255,255 で白に
color 0,0,0 で黒に
color 255,0,0 で赤に
color 0,255,0 で緑に
color 0,0,255 で青になる
ということさえ覚えておけばいいかな

赤色にしてみた!
しかし見やすさはあまり変わってないな。

そうだね、こういう場合はpos命令で文字の位置を変えた方がいいかもしれない。
それと、当然のことだが色を選び直すまではずっと赤色のままだから注意してくれ。
分かった。注意しよう。
……ふと思ったのだが。文字の大きさを変えることはできないのか?
font命令というのがあるな。文字の大きさや、文字フォントの変更。太文字や斜体の設定など色々できるよ。
詳しくはhsp3のヘルプであるhdl.exeを開いて、左上の検索ボックスにfontと入れて検索してくれ。
詳しくは教えてくれないのか?
最終的に君一人で作れるようになって欲しいからね。
ボクが教えられる範囲は限りがある、しかし君が自分で調べることができれば、
いくらでも新しい事ができるようになるはずさ。

今の例ならば、
検索エンジン(googleなど)で“HSP3 文字の大きさ”と調べればfont命令の存在に辿り着けるはずだ。
font命令の存在が分かればhdl.exeで命令の内容を確認する事ができる。

hdl.exeを読んだり、講座を見ても分からなければ
そのときはドンドン誰かに聞くといいさ。
よし、ではfontについて調べて、試してみるとするか。
hdl.exeを開いて検索ボックスにfontと入力してっと……。

こんな感じか……?

うむ、上出来だ。
やった!

もはやボクの教えられることは何もない……。
ええーーー!!

まあそれはジョークだが、基本的にはこの“どうやって調べるか”というのが大事だ。
だが、プログラム初心者は“どうやって調べるか”がわかっても“何を調べればいいか”が分からなくて途方に暮れてしまうことが多い。

絶歌、ゲームを作るためには次に何を調べればいいと思う?
む、何だろう……。パッとは思いつかないな。

それを教えるためにボクがいるんだ。
では次に、ゲーム作りにたいてい使う概念。
「変数(へんすう)」について教えていこう。
変数……初めて聞く言葉だ。
アルマ、お手柔らかに頼むぞ。

<<前へ 次へ>>
inserted by FC2 system